ユーロ08 最終日

スペインvsドイツ
決勝です。これで今回のユーロも終わりです。

戦前予想していた通りの展開でした。
スペインは終始攻めながら
ドイツが虎視眈々と反撃を狙う。
スペイン側で応援してた人は
そんなドイツの不気味さが怖かったでしょう。
私もそんな一人です。

ビジャが使えない
ってことで、セスクが先発でした。
ただ、今日輝いていたのはシャビ。
良かった時のバルサのシャビって感じで
中盤を支配していたと思います。

先制点で、決勝点。
トーレスすげーってところになるんですが
レーマンの動きがまずかったと思います。
あそこで飛びついてボール取らずに
どれだけ我慢出来るかってところ。
この辺で、カシージャスとの差を感じました。

個人的というか世間的に
GKの最高峰といえば
ブッフォンとツェフだと思うんですが
カシージャスもそれに迫るほどの選手だと
思ったりしてます。

無敵艦隊と言われながらも
なかなか国際舞台で結果残せず
私が生きてる間に何かタイトルとるかな?
と少し疑問符が付いていましたが
この大会で取れて本当によかった!

前回はギリシャってことで
正直、気持ち的に盛り上がらなかった
と言う部分があったりして…
好きなサッカーするチームが勝つと
やっぱり嬉しいものです。

準優勝のドイツに対しては
バラックが居ると強いなと。
あと、次のGKはレーマン以外で。



本当はオランダに…とか思うんですが
敗退した時のサッカーが
あまりにも「らしくない」ので
スペインの優勝は素直に喜んでいます。


さて、1ヶ月に及ぶお祭りが終わりました。
オランダが敗退した時点で
テンションダウンがあったりもしましたが
本当に楽しい一ヶ月でした。
なので、終わるのは寂しいかな・・・

でもまぁ、睡眠不足から解消されるのは
いいかもしれない?!
スポンサーサイト

テーマ : EURO2008
ジャンル : スポーツ

Comment

もう一度見てみました。
ラームがあのまま喰らい突いていたら
レーマンとぶつかって
大変なことになっていたでしょう。
ゴールが無人で…
レーマンが飛び出してきたため
ラームはスピードを落とさざるおえない状況
というふうに感じました。
まぁ、あの場面、意地でも喰らいついていけ!
っていう気持ちも分かりますが…

大きな体を生かしたというのは
ゴールを小さくして確立を減らすってことです。
正直あの場面は決定的でしたから
飛び込んでかわされたりループされたり
するよりは威圧感とプレッシャーを与える
という意味です。

人それぞれ考え方も捉え方も違います。
サッカーになるとそれが顕著というか…
ばーっと書きましたが
私はこう考えてる&感じてるってのを
より細かく書きたかっただけで
押し付けようなんて一切思ってません。
30さんの意見を読んで、なるほどなと考える部分もあり
久々にネット上でサッカーの真剣な意見の交換が
出来て良かったです。ありがとうございました。


ガナーズでのレーマンですか?
弟がガナーズファンってこともあったり
ベルカンプ在籍したってこともあったり
アーセナル自体はサッカー的に好きなチームでして
結構試合を観る機会も多いですが
アルムニアよりも少し良かったくらいの印象です。

プレミアでは普通のGKだったと思います。
凄いなぁと感じたことは一切ありません。
すいません、これだけはどうしても譲れないのです…

 あの場面、ラームの判断は甘く見たなんて次元ではすまされないと思います。なぜ、即座にエリア外へボールを運ばなかったのか、それにレーマンとのあの距離で何故、ボールを預けるような判断を下したのか。あれは抜き去られたというより、途中で足を止めてますから、そう判断しました。
 それと、大きな体を生かした防ぎ方?彼処でのそのような判断は、逆効果でしょう。スペインのような人数をかけ、点を取りに来るチーム相手には、ただGKがつり出されているその状況は、格好の標的だと思いますし、そうしなくても普通にトーレスの速さに振り切られちゃうでしょう。
 あと、レーマンは”最近は”良いGKだと思います。時たまに、試合の流れを変えてしまうようなセービングを見せてくれますが、それ以上にやらかすところはありますからね。小さな失敗ではなく、試合の結果を変更してしまうようなミスもあります。
 彼の場合、相手が強大なチームであれば、素晴らしいパフォーマンスを見せますし、ユナイテッドサポーターの方とお見受けしますが、彼がガナーズへとやってきてから、彼には敵として良い印象は無いのではないでしょうか。
 ドイツの歴代のGKですか?私はケプケやシューマッハですね。

GKの視点で書きました。
あそこで不用意に飛び込んでいいのか?
と言う点で、横たわる形ではなく
大きな体を生かした防ぎ方があったんじゃないかと。
レーマンのGKとしての能力は解っています。
アーセナルの試合をそこそこに観ますから
良いGKなのは間違いありません。
なので、あの選択はどうだったのかなと
疑問に思ったことを書きました。

ラームに関しては
トーレスの抜き方が上手かったと言うか
予想外なことだったのでしょうがないかなと。
まぁ、トーレスという選手の能力を甘く見た
ラームの責任はあるかもしれません。

あと、PKに関してですが
カシージャスも相当上手いと思いますよ。
vsイタリア戦でもそうですが
マドリーの試合観ていても結構止めてるかと。

あと、「次のGKはレーマン以外で」
と言う部分で引っかかってる部分があるのなら
申し訳ないです。言葉足らずでした。

良いGKなんですけど、小さな失敗が結構あって
そこからギリギリで防いでたりするので
まぁ、防いでるので結果的には良いんですが…

ドイツと言えば、GKが凄いっていう考えがあって
昔はイルクナーとか最近ではカーンとか
その選手達と比べると…っていう部分があって
ああいう書き方になりました。

 あの失点は、ラームの責任でしょう。どこまで我慢できるかって問題じゃなくてあのまま突っ込まなくても1対1の状況にされていたでしょうし、何よりラームの守備意識の甘さ。これにつきると思います。
 レーマンは非常にこの試合頑張っていましたよ。数々のセーブでチームを救っていました。
 しかし本当ならば彼の真骨頂はPKなのですけど。PKに関してはカシージャスも及ばないんじゃないでしょうか?
非公開コメント

黒ねこ時計 くろック B03
プロフィール

ろとー

Author:ろとー
好きなこと
サッカー、ゲーム
歌うこと、聴くこと
ライブに行くこと

遊ぶゲーム
DQ10、スプラトゥーン

好きなサッカーチーム
マンチェスターU・アヤックス
ガンバ大阪
オランダ・デンマーク
日本


好きなMusician(敬称略)
DoAsInfinity、Perfume
菅野よう子

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
Twitter
 
メッセージボードβ
- Information -

一休み・・

-- E N D --
.
.
ブログ内検索
RSSフィード
リンク